銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシング

キャッシングでお金を借りたいと思うとき、まず悩むのが「どこで申し込もうか」という問題でしょう。キャッシングを取り扱う金融機関は様々な先があります。

自分の都合や生活スタイルに応じた先を選択しないと、思いもかけない失敗をしてしまうかもしれません。キャッシング会社の特徴はそれぞれ異なりますので、きちんと把握したうえで自分に合った先を選ぶようにしましょう。

キャッシング会社には主に次の3つの種類があります。それぞれの特徴を簡単に整理してみましょう。

銀行系キャッシング

普段から利用する機会の多い銀行のキャッシングです。

  1. 金利が低い

    豊富な資金量を背景にした低金利が魅力です。

  2. 総量規制の対象外
  3. 高額融資も可能、パートやアルバイトでも利用できる先が多い。
  4. 審査基準が厳しく時間がかかる

    とくに「複数の借入」を利用している申込者は厳しく判断されます。最近では「即日融資」に対応した銀行キャッシングも登場していますが、全体的にはまだまだ時間を必要としています。

消費者金融系キャッシング

街中でよくみかける消費者金融のキャッシングです。

  1. 審査時間が短い

    ほとんどの先が「即日融資」に対応しており、非常に素早い借入が可能です。

  2. 無利息期間を利用できる

    いくつかの先では「無利息期間」も利用できますので非常に便利です。

  3. 金利が高め

    銀行系などに比較すると金利が数%高くなります。

  4. 総量規制の対象

    年収の3分の1以上の借入はできません。

信販系キャッシング

「クレジットカード」を発行している会社のキャッシングです。

  1. クレジットカードに付随している

    クレジットカードの「ショッピング枠」とは別枠で「キャッシング枠」を設定しています。審査もクレジットカードの発行と同時に行われます。

  2. 借入限度額が小さい

    銀行や消費者金融に比較して「キャッシング枠」の借入限度額が低いのが一般的です。

  3. 金利が高め

    銀行キャッシングに比較して金利が数%高めとなっています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.