キャッシングを主婦が利用する際の注意点

  • 「主婦でも借りることができる先はあるのか」
  • 「できれば夫に内緒で借りたい」

このような悩みを抱える主婦の方も多いのではないでしょうか。生活費の不足や、止むない事情でキャッシングを利用したいと考える主婦の方も多いのでしょう。

主婦でもキャッシングを利用することは十分可能です。

収入のある主婦なら問題なし

パートやアルバイトで自身に収入がある場合には、問題なくキャッシングを利用することができます。もちろん審査に合格することが大前提ですが、パートやアルバイト収入を「安定した収入」とみなし利用を認めている先もたくさんあります。

ただし収入自体が少ないことが予想されますので、借りることのできる金額もそれほど多くは望めないかもしれません。それでも一時的な出費には十分な金額の借入も十分期待できます。

審査ではやはり「収入の安定さ」が一番のポイントとなります。一定期間以上同じ先での収入を確認することができれば、それだけ審査では有利に判断されるでしょう。

審査時間もそれほど長くなく、素早い借入も可能ですので利用を検討する方は積極的に活用してみてはどうでしょうか。

専業主婦の場合は?

一方自身に収入を持たない専業主婦の場合はどうでしょうか。専業主婦に対する対応は次の2通りに分かれます。

  • 自身に安定した収入が無いことから利用を認めない先。
  • 配偶者(夫)の収入を合算して利用を認める先。

後者のケースでは「総量規制」の対象とならない銀行系キャッシングの他、消費者金融でも取扱を行っている先もあります。

もちろん審査では配偶者(夫)の収入証明書類などの提出が必要になります。また配偶者(夫)を保証人としたり、同意書を必要とする先もあります。

一部の消費者金融ではこれらの手続きを不要とする先もありますが、後で説明するようにトラブルが発生する懸念もありますので注意が必要です。

夫に内緒で借りたい

主婦の方でも「夫や家族に内緒で借りたい」と考える方も多いでしょう。夫や家族にばれないようにキャッシングを利用するには、どうしても注意しなければいけない点があります。

まずはキャッシング会社からの「郵送物」です。借入カードや利用明細が自宅に送付されることでキャッシングの利用がばれることもあるでしょう。万が一夫や家族が受領してしまうと、その時点で「アウト」になります。

このような事態を防ぐには郵送物を直接受け取る方法を選択する必要があります。借入カードは店舗や無人契約機で直接受け取るようにしなければいけません。

キャッシング会社によっては郵送物の「郵便局留め」を選択できますので利用しましょう。また「WEB契約」などでもともと郵送物が発生しない方法を選択できる先もあります。

一部の消費者金融では配偶者(夫)の収入証明書類や保証、同意書を不要としている先もあります。ただしこのような先は「闇金」である先も多いので注意しなくてはいけません。

万が一キャッシングの利用がばれた場合、家庭崩壊の危険性もあります。できればしっかり家族の同意を得たうえでキャッシングを利用することをおすすめ>します。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.